スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BATONN

2010-07-19 Mon : バトン
バトン頂いたのでご回答~
ちなみにまだ修羅場フラグは立ってません
近日中に・・・地獄見るぜ\(^o^)/
明後日は4月から通院する事になった病院だぁーorz
チャリで20分かけて行きます
長いので読みたい方は開閉展開をクリック
あいつがこいつにインタビュー!バトン

<このバトンは、創作キャラクターが別の創作キャラクターに質問をするバトンです。
 質問をするキャラクターの口調で下の質問を回答するキャラクターに投げかけ、
 回答するキャラクターの口調でその質問に回答して、インタビューを完成させて下さい>

○質問者【オーランド】
○回答者【クリス】

------------------------
01.簡単なプロフィール
02.家族構成
03.趣味、特技
04.好きな人のタイプ
05.恋人の有無
06.平日にすること
07.お酒、タバコはやるか
08.座右の銘は
09.将来の夢
10.幸せに感じる事
11.今欲しい物
12.最後に何か一言
------------------------
質問は、追加しても削ってもOKです!

・質問者さんは、指定された回答者さんの所に行って、この内容でインタビューをして下さい。
 宜しくお願いします。

オーランド「今回、バトンという物の質問者になったオーランドだ。本来はクリストファー・T・ラクリィ氏
なのだが、クリスが2人いると混乱者が出るのとキャラクターの口調を大崩壊させてしまう
という2つの理由で俺に変わった」

製作者「そんな理由があるので、今回はオーランドで回答します。では、私は3回目のコンテスト限定の
キャラ崩壊大前提スキット作るから後はよろしく~(理由だけ言う為に出てきた)」

クリス「回答者のクリス・フレイグルだ。よろしくな~。いやぁ、お前が俺に質問するなんてな。
物心付いた時から一緒にいるからいるくせに」

オーランド「バトンだからやっているんだぞ。嘘付くなよ」

クリス「生まれてから一度も嘘をついた事が無い俺が嘘を言うと思っているのか・・・。親友なのに
酷い(嘘泣き発生)」

オーランド「言った直後に嘘と嘘泣きするやつがいるか!!!」

口と手が出る喧嘩発生中 しばらくお待ちください

※現在喧嘩中

???「ただいま、人間が喧嘩中しているから簡単な説明を入れる」

???「オーランドとクリスは裏切り者の進む道に祝福をに出るキャラだ。
2人の関係は同じ村出身の幼馴染で親友関係」

???「私か?ver3.00以降から出てるゲストだ。知りたい奴は終盤に村長に話せ
製作者からの伝言だ。その内このブログでも紹介すると言っていた」

喧嘩終了

クリス「さっさと、バトン終わらせるぞ・・・ゼェゼェ・・・」

01.簡単なプロフィール

オーランド「クリス。簡単にプロフィールを言え」

クリス「クリス・フレイグル、21歳。元アールド帝国の大臣で今は革命団のリーダー」

オーランド「普段ふざけているけど、仕事だけは真面目だからな・・・」

クリス「仕事だけじゃなくてお前をからかうのも真面目だぞ。前は枕を魔術で濡らしたり
服を全部使用人の服に変えたり」

オーランド「からかわなくてもいい!!!てか、あの騒ぎの犯人お前か!!!」

02.家族構成

オーランド「次は家族構成だ。お前の家族構成はどうなっている?」

クリス「親父とお袋と妹と俺の4人家族だ。親父とお袋は故郷にいて、俺は家族と別に暮らしている」

オーランド「お前の妹、見た目は可愛いくて将来は美人になりそうだけど、性格がお前にそっくりだよな・・・」

クリス「キャ~。兵士さん~、ここにロリコンがいます。逮捕して下さい」

オーランド「褒めているのにどういう風にとらえているんだお前の頭は!!!」

クリス「からかっているだけなのに~(兵を連れて来ながら)」

オーランド「言っている事と行動してる事が違うだろ!!全員持ち場に戻れ!!!
この調子で最後まで進むのか・・・?」

クリス「成せば成る。ほら、さっさと次の質問」

03.趣味、特技

オーランド「趣味と特技」

クリス「趣味は読書とチェス。特技は魔術とイカサマだ
城にいた時はアールド貴族と役人でゲームした時はイカサマをして圧勝していた」

オーランド「それがバレそうになって、危ない目にあっただろ・・・(汗)」

クリス「その後、でっち上げの理由言って難を逃れただろ。頭を使わないと城では生き残れなかったからな」

オーランド「イカサマ使わなくても城でゲームの不敗伝説作っただろ」

クリス「相手が弱過ぎただけだ。お前も弱いしな」

オーランド「・・・カスタと勝負してボロ勝ちして怒らせた事忘れているだろ、お前(汗)」

※カスタ・・・アールド帝国の第一皇子。オーランド達の敵

04.好きな人のタイプ

オーランド「クリスの好きなタイプは?これは俺も知らないな」

クリス「リージェみたいな・・・冗談だから槍の構えるの止めろ」

オーランド「冗談でも性質が悪い!!!」

クリス「影で好きな人をサポートしてくれる女性がタイプだな
サポートするのは仕事と家庭はどっちでも構わない。欲を言うならば激辛料理を作るのが得意で
美味いお茶を入れて入れる女性だ」

オーランド「かなり限定されるだろ。お茶はともかくお前好みの激辛料理を作れる
女性なんていないぞ・・・タバスコ2本をカルボナーラにかけるし」

クリス「濃厚なクリームソースとタバスコの辛さが良いハーモニーを出しているぞ」

オーランド「嘘だ!!辛いだけだろ!」

クリス「あの美味さが判らないなんて、可哀想な幼馴染だ」

オーランド「お前の味覚がおかしいだけだ!!!」

05.恋人の有無

オーランド「恋人は・・・聞くまでもないな」

クリス「いるわけないだろ。大臣していた時に告白してきた女性はが多くいたけど
全員が物珍しさで告白してきた貴族の女性ばかりだった」

オーランド「いい加減、恋人作れよ・・・」

クリス「当分作る予定はない。今と革命終わった後に恋人出来ても
忙しくて相手にできないだろ」

06.平日にすること

オーランド「まともな質問だな・・・。平日する事は何だ?」

クリス「作戦会議とか。革命団のリーダーだからやる事は沢山ある」

オーランド「前に誰かに変わって欲していって言ってたけどな」

クリス「俺はリーダーとか表に出て活動するのは向いていないからな。裏側で支えている方が楽だ」

オーランド「その気持ちだけは俺にも判る」

クリス「誰か、リーダーやりたい奴いないか?」

オーランド「最後までリーダーをしろ!!お前がこの革命団作ったんだろ!!」

07.お酒、タバコはやるか

オーランド「これに関しては劇中でも会話があるな」

クリス「酒は飲む。赤ワインが好きだ。普段は仕事があるから滅多に飲まないけどな」

オーランド「ちなみにタバコはこのゲームだと違法薬物扱いになっている」

※タバコは製作したゲームでは違法薬物設定になっています(薬物と同じで有害性・中毒性が非常に強い為)

クリス「違法薬物なんかに手を染めるほど俺は落ちていない。そんな物に手を染めるなら
酒で酔い潰れるか、あいつを酔わせてからかった方が面白い」

オーランド「・・・・・・・・・・」

※あいつ・・・ゲーム中に出てくる。2人の親友

08.座右の銘は

オーランド「・・・お前に座右の銘なんてあるのか?」

クリス「敵を騙すにはまず身内から騙す」

オーランド「予想としていたが、まともじゃなかったか・・・(汗)」

09.将来の夢

オーランド「将来の夢か・・・子供の頃はお前は確か」

クリス「ま、マテ!それは話すな!!」

オーランド「やっと、お前の弱味を握ったぞ。で、今の夢は何だ?
クリス・フレイグル君?(勝ち誇った笑み)」

クリス「今は帝国を滅ぼして新しい国を作る事だな。新しい国の王になる気は全くないけど」

オーランド「大統領が収める国と共和国と民主主義の国は絶対イヤだぞ、俺は・・・
傾国の国を作る為に参加しているわけじゃないからな」

クリス「俺も傾国の国を作る為に革命団を作ったわけないだろ」

オーランド「だったら、良い人材が見つかるまでお前が国王してろ」

クリス「絶対お断りだ」

10.幸せに感じる事

オーランド「これは・・・幸せを感じる事か」

クリス「美味いもの食べたり、親友と遊んだり、しゃべったりしている時だ」

オーランド「やっと、まともな回答を聞いた気がする・・・」

クリス「こればかりは真面目に回答しないとな」

11.今欲しい物

オーランド「今欲しい物は何だ?」

クリス「金」

オーランド「・・・さっきの回答にほんの僅かでも見直した俺がバカだった」

クリス「革命団を運営するのに必要な物資や武器とかの購入資金だバカ」

オーランド「そうか、すまない。勘違いした」

クリス「ついでにプチ豪遊する金も欲しい」

オーランド「やっぱ、見直した俺がバカだ」

12.最後に何か一言

オーランド「これが最後だ。何か一言しゃべってくれ」

クリス「長い回答だったのに、ここまで読んでくれてどうも。
これからもよろしくな~」

・このバトンを回す人を5人どうぞ。
 出来れば質問者、回答者を指定して下さい。コラボでもOK!むしろ推奨!
 (例:【うちの○○が○○さん宅の○○にインタビュー】)

【うちのツクヨミが隆さん宅のエルアードにインタビュー】(お借り返しと尊大者同士)
【ヒカルがイスルギさん宅のアリオトにインタビュー】
【鳥月が飛鳥あすかさん宅のさくや(漢字でないのでひらがな)にインタビュー】
スポンサーサイト

トラックバック

http://peresuthitto.blog123.fc2.com/tb.php/301-525cc988

コメントの投稿







Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。